今日富田林市迄木を切りに行って来ました。

台風の影響で倒れた木を処分して欲しいとの依頼でしたが、

高さ3m程度、太さも根本で4cm程度です。

三本に切って、

根もスコップで掘れる範囲で取ってきました。

電動工具不要の作業ですが、

持ち帰った木は葉の部分はハサミで切り落として小さくしておきます。

img226


幹も20cm程度に切り刻みますが、

この辺は電動の鋸を使用しました。

レシプロソーやセバーソーと呼ばれる、

刃物が前後に動く鋸です。

最近オークションで購入したバッテリーで動く物です。

電動のチェーンソーも持っていますが、

コードレスで便利なのと、

チェーンソーはおが屑沢山出るのと切る時間が少し長くかかります。

刃物が厚みを持つ為なのですが、

この鋸は刃物が薄く早く切れます。

ただしっかり切る物に押しつけていないと前後に振動するだけになり切れません。

太い木を切る場合はチェーンソーが必要ですが、

小さな物を切る場合はこの手の電動鋸が売られていますので、

チェーンソーより少し高いですが刃物を変えれば金属も切れますので便利です。

私は立木もこれで切っています。

img227


電動の丸鋸、ジグソー、ヘッジトリマーです。

木を切るには丸鋸が一番早いです。

でも怪我も多いようで建具屋やっている知り合いは指二本落としたと言っていました。

時々使いますが慎重な作業が求められます。

最近スライド鋸と言う物が安くなっていて、

丸鋸がスライドして動く台に付いた物で、

安全に綺麗に切れますので、

大量に切って家具などを作る方にはお勧めです。

ジグソーはほとんど使っていません。

最近はバッテリー式のコードレスが安くなりました。

便利ですがバッテリーに寿命が有り又高価です。

そう言う意味では同じバッテリーが使い回せるように出来れば良いのですが。

オークションで購入すると難しいですね。

新品買っても使わないで長く置いておくとバッテリーがだめに成ることが有ります。

DIYだと出番が少ないのでコードが邪魔ですがAC100Vのタイプが安くてメンテナンスが楽です。

チェンソーやヘッジトリマー等は専業で使う人はエンジンタイプが多いようです。

力もありコードも不要燃料さえ有れば長時間使用できます。

でも燃料の管理やエンジンのメンテナンスと言うとても面倒なことが有ります。

年に数回しか使わないのならエンジン式は買わない方が良いと思います。

でも私も草刈り器はエンジンのタイプを使用しています。

ただ燃料はカセットガスを使用する物です。

燃料代は少し高くなりますが、

キャブレターのメンテナンスが要らないのでとても便利です。

暫く使っていなくて回らないとき、

エアークリーナーを開けてガスを直接吹き込んで回しています。

ひょっとしたらガソリンタイプでも回らないとき使える手かも知れません。

機会が有ったら試してみたいと思います。

ちょっと長くなりましたが切る工具1でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check