あけましておめでとうございます。
新年早々なのでインパクトのあるネタ、ご用意させてもらいましたよ~
今回は東京世田谷区にて下積み時代に経験したご依頼から・・。

ある日の事、僕が転がり込んだ便利屋の師匠を訪ね、
NHKが取材に来ました(BSにて6月中旬に放映済)。
得てしてそういう時に、
画的にもインパクトのある依頼が舞い込むものです。
642c8d13.jpg
10:00 a.m. ロケ班到着。 
朝礼風景、簡単な自己紹介に始まって・・

ご依頼された案件は『アンテナ調整』・・、
それも20m以上の高さ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
なんでも無線が趣味で、地球の裏側とも交信できるようにと、
特別高い電柱を建てられたそうですが、
強風によりアンテナの方角がズレ、うまく機能しなくなったそうです。

師匠は70歳という年齢を理由に辞退(即決でした)
そして・・→自動的に・・→僕やります
02afc381.jpg
登ります

6a1a682f.jpg
さらに登ります。 ちなみにこの辺りですでに家の屋根程度の
高さには到達しております・・ちなみにね・・。

87d6756c.jpg
通常の電柱とは異なる為、強度を必要とするのか円周も大きなものになっています。
両手でも届かない程の太さがあり、また極度の緊張で余計な力が全身ガッチガチ!!
途中で休憩しないと、握力がなくなります。
ここまで登ると両手が届くので、命綱を電柱にくくりひと休み・・・
気が休まらんわいっヽ(TдT)ノ

ひとつひとつ登る僕を、下では師匠が笑いながら、遠くではロケの取材班が撮影中です。
『この人ら所詮他人事やとおもってるんやろうな~』とか
『もしこのまんま落ちたら痛いんやろうな~』という考えなんかも横切りつつも、
この状況・・逃げられません。

この小休止後、再び気を取り直し登りきる事が出来るのかっ?!
(後編へつづく:2011年1月1日投稿済)
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check