今回はこれからの季節に
最もご注文が集中するサービスのご紹介。

堪らない暑さについついエアコンに伸びる手・・。
でも内部の状態についてはご存じですか?

エアコン作動中、
本体はお部屋のフィルターとしての役割も兼ねる為、
空気中の油、煙、ホコリ、ペットの毛などを吸着し、
非常に汚れが溜まりやすい環境です。

またこの環境は、ダニやカビにとって恰好のエサ。。
長期間放置していれば繁殖の温床となり、
逆に室内の空気を汚し、人体にも好ましくありません。

特にハウスダストやアトピー等
アレルギー反応を示す方には
クリーニングをオススメ致します。

それではクリーニング工程を
いつもより少し詳しくUPしていきます。

まずはカバーを外し、内部を露出させていきます。
エアコン1

このカバーは別途洗浄し、最後に合流します。
エアコン2


要洗浄部分が顔を出しました。
エアコン3


送風口にも汚れや黒カビが付着しています。
エアコン4


この部分に万一水がかかると、
エアコンがパァになるので、
しっかりと養生が必要です。
エアコン5


周りを濡らさない様、養生、
エアコン6


養生、
エアコン7


ここは特に・・養生。
エアコン8


大詰めです。
エアコン9


これで養生は完成。
エアコン10


全体像はこんな感じ。
エアコン11


専用薬液を噴霧し、汚れを洗い流していきます。
エアコン12


一方カバーもきちんと洗浄し、
かつての白さが蘇ります。
エアコン14


出てきた汚水。。
エアコン13


さらに拡大・・。 黒い粒の正体はカビです。
エアコン13-1


拭きあげて元通りに戻し完了です。
空気がまるっきり違うのが体感できますよ。
エアコン15


キャンペーンで1台¥8,000~承っております
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check