以前に引っ越しのお手伝いさせていただいた方からお電話頂き、

インターホンの取り付けを手伝って欲しいとのことでした。

ご自分で取り付けるように考えていたそうですが、
玄関側の機械がコンクリートの壁に取り付けることが出来ず、

自分で取り付けることを断念したそうです。

電気屋に取り付けを聞くと1万以上費用が掛かると聞いて、

私を思いだしたそうです。

高齢の女性の方ですが自分で何でもやりたいタイプで、

配線の段取りから、

室内側機械の取り付けブラケットも自作して用意されていました。

コンクリートに穴を開けるドリルもホームセンターで聞いたそうですが、

安いのはすぐ壊れるし、

普通の物は1万以上するので断念したそうです。


確かに安い工具は弱いです。

以前ホームセンターでソケットレンチを買い、

スチールの棚を組み立てていたら組上がる前に工具が壊れてしまいました。

さすがに直ぐに返金してもらいに行きました。

電動工具も安い物はDIY用として耐久性が無いようです。

さて取り付けるためにバッテリー式のハンマードリルで穿孔していたら、

直ぐに回転が弱ってしまいました。

最近バッテリーが弱っているのを実感していたので、

充電して持ってきたのに1個も穴を開けられないなんてショックです。

バッテリーが使えないほど弱って居るんですね。

念のため100Vのハンマードリルも持ってきていたので、

作業に問題は有りませんでした。

天気が良かったらバイクで行くつもりでしたが、

雨でしたので車で伺ったため、

色々道具用意していたので助かりました。

帰ってからバッテリーを開けてみましたが、

液漏れしているセルは有りませんが、1個完全に電圧が有りませんでした。

全体に膨らみが有ったりしているのでやはりダメなようです。

img521


この写真が開けた所です。

古い機械でもうメーカーも交換バッテリーを作っていません。

セルを買って自分で入れ替える手もありますが、

結構高い物に成るので、

ちょっと思案中です。

24Vの機械ですので、小型の鉛蓄電池を2個、外に繋いで使おうかと考えています。

そうすれば他の機械でも使えるし安くできるかなと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check