ログハウスブームから数十年が経ち、
屋根材であるシダーシェイク(日本でいう杉の板)の葺き替え時期に入りました。

お師匠のツテでまだまだ再生可能なシェイクを譲っていただき、屋根に葺きました。
シェイク
自然の力でグレー色に染まる古材には古材の長所と短所がある。

見極めて、丁寧に使っていきたい。

シェイク
ルーフィングの上に桟を


シェイク2
晴天の中の屋根仕事



シェイク3
完成^^




八ケ岳にはサワラ屋根があると聞きました。
クレヘギと呼ばれる薄板づくり。

今後も追及していきたいと思います。



田舎暮らしのご相談は・・・
八ケ岳の便利屋Worksまで。 
八ケ岳、茅野市、原村、富士見、蓼科。


このエントリーをはてなブックマークに追加  Check