引越をご依頼の時は運送業の許可を取ってない
業者は絶対使わないでください。

引越し業者(運送業者)とは、
国土交通省から許可をもらって登録されている、

有償で貨物輸送を行なう事業者のことを指します。
つまり、許可なく勝手に開業できないのです。

もしも何か問題や事故があったときに、
何の保証もしてもらえない可能性あります。

たとえ許可を取っている業者でも、
事故対応ではもめることは多いと聞きます。

それが無許可となれば、
嫌な思いだけでは済まないでしょう。

もちろん、きちんと許可を取って営業いたして
おります便利屋さんも沢山ございますが、

通常の便利屋さんは運送業者
ではないので引越しはできません。

自社の車などで引越や貨物を輸送し、
料金を収受することは違法行為にあたります。

引越繁忙期や年末になると
必ずこういったモグリの引越業者が現れます。

こういった業者を利用した場合、
業者だけでなく依頼した側も法律により処罰されます。

また、一般貨物自動車運送業者へ
運送を手配・仲介する事業者は、

『貨物利用運送事業者』
という許可をもらって営業しています。

許可番号はありますが、
車両は必要ありません。

利用者と契約し、運送責任を負いながら、
ほかの運送業者に運送を委託する事業者です。

運送業許可や貨物利用運送事業者がないと、
荷物の運搬はできません。

くれぐれもお気をつけてください!!

というよりも、きちんと許可を

取って堂々と営業いたしましょう!!


このエントリーをはてなブックマークに追加  Check